10月, 2010

...now browsing by month

 

種差海岸 民宿にて 調理体験

2010 年 10 月 26 日

今回、旅行商品化に向け、2代続く 民宿石橋で
浜浜料理体験deランチ&種差プチ散策を行いました!
今回の調理内容は「ひらめの漬丼」です♡
画像 007 今回のひらめちゃんです。
始めに女将から手ほどきを受け
画像 009 画像 018 画像 013 画像 017
次は私たちの番!!意外と出来る~・・・・・      と思ったら 予定より身が少ない?・・・気がします@@
画像 020 画像 026 画像 032 画像 037
さ!盛り付け~トッピングです!    何だかんだと出来あがり
画像 039    画像 043 
さ!お待ちかねランチです♡
画像 049
今日のサイドメニューは
女将特製 〆さば、フキの煮付け、牛乳で作ったというホタテの茶わん蒸し@@
      サラダにデザートは、ヒメンコ&コーヒーでした。

写真が・・・見切れちゃってますが、どんなものか確かめたい方は
       民宿石橋へいこう~!

お腹がいっぱいになったら 頭と体の運動です。
この民宿の裏手には
鳥瞰図で有名な吉田初三郎氏のアトリエがあった場所
そのためここならではの資料や裏話聞いちゃいました。
(今回、ジパング倶楽部にも特集されてます。)
この民宿の裏手は、
芝生の緑と海の青、空の蒼それだけでも気持ちがいい!!
画像 053

 

 

 
今日は天気が良すぎて
自然の青が目に焼き付きます。
民宿に戻り、大女将とティータイム画像 058
画像 057

 

 

 

 
お茶うけに”大女将特製 まめしとぎ”がでました。
美味しかったです。^^。
女将’S ごちそうさまでした。

にっぽん丸 ~OPツアー~

2010 年 10 月 15 日

初めてみました・・・客船というものを!
まずは、着岸の様子^^。大漁旗でお出迎え~。意外と重いんです・・・この旗@@
画像 006 
着岸するにも、この人たちなしでは着けません~ちょっと勇敢なお父さんたち^^♡
画像 014 画像 027
私たちも南部町の方と岸壁に出店してました。 お!アクティさんもカフェを出してました。
画像 033  画像 036 画像 032
                                    ※進化した八戸うみねこバグダンだ!

里山夢食堂さんが、B-1でおなじみの~八戸せんべい汁を出ていました!
関係者なのに・・・もわず・いただいちゃいました~<食べるのに夢中・・・>
両手がふさがってしまい 写真摂りするのをすっかり忘れてました><: 
 
岸壁内では、セレモニーが行われてましたが
わたしたちは、そろそろOPツアー(手作り感満載コース・山の楽校方面へ)の出発時間!

まず、始めに着いた所は、にっぽん丸農園(上ノ山農園) でのイイ色に色づいた「りんごの収穫」です。
着いてみたら・・・何やらイイ匂い@@!
画像 059画像 044画像 042画像 045
匂いのもとは、りんごの天ぷら!!アップルパイみたいで美味しかったです。
農園さんで取れたリンゴジュースも振舞われ、まろやかで美味しかったです!(ありがとう~上ノ山さん)
画像 048画像 058文字入りりんご~(6か月前から準備していたそうです。)
さて、次に向うは、青葉湖を見学し~昼食会場”山の楽校”です。
画像 062 画像 068 画像 070
※垂幕でお出迎え^^     ※岩崎校長から説明     ※AKB48ならぬNGO-G??
昼食と思いきや~、その前に体験をしていただきました!
画像 076画像 082画像 086画像 084
そば打ち体験とてんぽせんべい焼き体験。
画像 077画像 080※いい顔だ~^m^
さ!昼食タイム今回の昼食は・・・
画像 090 画像 089
 これに皆さんが打った”そばと雑穀”ご飯が付きました。
満腹になったら~校内を見学し、皆さんのお手振りに見送られ
次はお買い物タイム”道の駅なんごうと八食センター”へ・・・
そろそろ船へ戻る時間です。

私も今回同行させていただき、皆様と話ができとても楽しいひと時でした。
 お疲れさまでした。
   
ツアー終了後も
出港までの時間 岸壁の特設イベントを楽しんでもらいました。
北のフルーツパーラーやカフェ&八戸せんべい汁と食べ歩き
また、ミニ産直でお買い物~と
出港までの時間、お客様と地元の方とのふれあいがありました。

最後 出港間近になって、私たちの心を察してか、雨が・・・
なのに・・・
船に乗っているお客様は、デッキに出て、見えなくなるまで手を振っている姿・・・じ~んとしてしまいました。
画像 125 画像 127 画像 126
                  神楽のお囃子でお見送りしていた人も
    「八戸最高!」という船からの声に 思わず、お囃子を辞め手を振っていました。

来年のまた来てほしいな・・・と思う 調査員mでした。