イベントレポート!

 category

 

八戸に春を告げる「蕪嶋まつり」のお知らせ

2014 年 3 月 31 日

おはようございます。

観光資源調査員Dです。
今日は、八戸に春を告げるまつり

「蕪嶋まつり」

を紹介します。祭り紹介の前に「蕪島」について
の説明を少しだけ・・

三陸復興国立公園の最も北側にある蕪島は、ウミネコの繁殖地として知られ、
1922年に国の天然記念物に指定されました。島の頂には、弁財天を奉る蕪嶋
神社があり、商売繁盛や漁の神様として信仰を集めています。

ウミネコの繁殖地である蕪島には、毎年3万~4万羽のウミネコが飛来し、
島内で産卵、子育てを行います。繁殖地は国内に70カ所ほどありますが、
蕪島のように繁殖中のウミネコを間近で観察できる場所は他にありません。

P1010547

 

 

 

 

 

 

蕪嶋まつりは、毎年第3日曜日に行われ、多くの市民が訪れます。
神輿の運行や歌謡ショーをはじめとした各種ステージイベントで盛り上がります。
Dも特別な用事がない限り、毎年行っているお祭りです。なぜか、雨天となること
が多い蕪嶋まつりですが、「八戸のまつり!」という雰囲気が大好きな祭りです。

是非訪れてみてはいかがでしょうか。

P1010546P1010549

 

 

 

 

 

(2013年 蕪嶋まつりにて撮影)

=====================================
<日時>     4月19日(土)前夜祭, 4月20日(日)

<場所>     蕪島海浜公園 蕪嶋神社

<交通アクセス> 八戸駅から車で30分, 八戸駅から最寄り鮫駅まで列車で約23分

みんなが楽しめる旅って?

2014 年 2 月 13 日

みなさん、こんにちは。
観光資源調査員のDです。

最近は日中でも気温が氷点下・・。真冬日が続きますね。
しかし、冬の風物詩「八戸えんぶり」が来週に迫っています!

八戸市庁前では「御前えんぶり」「かがり火えんぶり」が行われ、
更上閣では「お庭えんぶり」、八戸市公会堂では「えんぶり公演」が
行われます。

いつもより1枚厚着をして「八戸えんぶり」に出かけませんか?!

さてさて、今回はみんなが楽しめる八戸地域、特に高齢者や障がいのある方にも
安心して訪れていただけるような八戸地域にしようという取り組みで、気軽に参加できる

「みんなが楽しめる旅って?人に寄り添える街をつくろう!」~心のバリアフリーCafe~

というイベントを開催します。

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トークショーのゲストに
「八戸学院大学 准教授 篠﨑良勝氏」「たびすけ合同会社 西谷 西谷雷佐氏」
という介護福祉と旅のスペシャリストを迎え、「バリアフリー観光」をテーマに
聴衆参加型のトークショーを予定しています。

また、旅に関連する体験コーナーとして

・介護食の試食コーナー ・高齢者疑似体験コーナー ・福祉車両の乗車体験

・介護用品展示コーナー ・ブラインドオセロ(目隠しオセロ)コーナー

の各ブースを設けて「福祉車両の仕組みはどうなってるの?」「旅行や外出の時にあると便利なグッズって?」
などなど・・・皆さまの様々な疑問にお答えします!
介護食も時代と共に進化していて、「本当に介護食なの?」と驚きの介護食がたくさんありますよ。

難しいテーマだからこそ、楽しみながら学んでいくことが大切だと思います。
皆さまに学んでいただき、少しでも多くの方の意識の向上につながる場にしたいと思います。

皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。
==========================================
【日時】 3月2日(日)

【場所】 ラピア1階 フェスタプラザ

【時間】 体験コーナー 13:00~16:00 ※トークショーは14:00~15:00

参加料は無料です。ドリンクを用意してお待ちしております。

お問い合わせについて (公社)八戸観光コンベンション協会  0178-41-1661 担当 木下

ふるさと祭り東京2014に参加しました!(前半)

2014 年 1 月 17 日

 

みなさん、こんにちは。広域観光資源調査員Dです。

だいぶ遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

先日、八戸広域市町村をもっと知ってもらう為、PRする為、東京ドームにて開催されました

「ふるさと祭り東京2014日本のまつり・故郷の味」

に八戸広域観光推進協議会として参加してきました。周辺市町村のPRや特産品の
販売をメインに売り込みました(^o^)/
今回は階上町、おいらせ町、新郷村の特産物をメインに販売しました。

ブースの様子はこちら

P1010962 P1010968

 

 

 

 

八戸広域観光推進協議会ブース         乾物、いちご煮、せんべい

 

P1010971 P1010969

 

 

 

 

生キャラせんべい・飲むヨーグルト         生にんにく、長いも

             
お客様から「にんにくは青森産だよねー」「お歳暮で取り寄せています!」というお言葉
を頂き、青森県に対する信頼はピカイチだなーと嬉しくなりましたq(^o^)q P(^o^)P

また、私「青森県○○町の出身です!!」「懐かしいなー」と東京都在住の青森県民も多数
お越し頂きました。ありがとうございます!ありがたいですね。
離れていても、都会で頑張る青森県民!頑張って下さい!

次に東京ドームで発見した「ゆるきゃら」をご紹介!

P1020026 P1020083 P1020088

 

 

 

 

 

 

 

 

岩手県 北リアス食卓応援隊       高尾山公式キャラ                    和歌山県公式キャラ
「タベルンジャー」            「ムッちゃん」       「きいちゃん」紀の国、紀伊国
ワカメ・グリーン                       高尾山PRのムササビ     紀州犬の「きいちゃん」

各ゆるきゃらの詳細はこちら↓

<岩手県> http://plaza.rakuten.co.jp/machi03iwate/diary/201310310000/

<東京都高尾山> http://yuru-chara.jp/prof-m37.html

<和歌山県> http://www.wakayama2015.jp/kokutai/kiichanlands

まだまだ、ふるさと祭り東京‐2014-で紹介したいコンテンツはありますが、今日はこのへんで。
次回は、東京ドームで見つけた「おすすめスイーツ」「オススメどんぶり」「ミス●●」を紹介します。

当協会でも只今、風邪が大流行です。外の空気が乾燥しているからでしょうか?
皆さまもお出かけの際の格好、お部屋の換気にお気をつけ下さい!

 

バリアフリーでお・も・て・な・し♪

2013 年 11 月 25 日

みなさまお久しぶりです。

観光資源調査員のDでございます。

11月になると急に冷え込みましたね。

Dも自転車通勤からバス通勤の回数が増えております(-へ-)

秋から冬への季節の変わり目・・・風邪をひかないようにお気をつけ下さい。

 

さて、今回のブログテーマですが

「バリアフリー講演会・研修会」

についてのご案内です。

バリアフリー講演会・研修会というのは

「高齢者や障がい者などの旅行客層を拡大させるために行う講演会・研修会で、

受入態勢を強化するために、人的支援・サービスを学ぼう」というものです。

簡単にいうと、

「たくさんの人に八戸を訪れてもらう為に、おもてなし方法を学ぼう」ということです!

実地研修会では交代で車いすに乗車し、目線の違いや感覚の違いを体感してもらいます。

スタッフも実地研修会に向けて、勉強中です!!

DSC09092

 

 

(はっち内での研修の様子)

狭い場所の通り抜け方を勉強中です。

DSC09081

 

 

 

 

 

(路上研修の様子)

段差の多い路上では段差を避けて進みます。

 

私も車いすの乗車体験と介助体験をしました。介助体験をした結果、健常者は気にならない

わずかな段差や窪みでも、車いす利用者には妨げになることが分かりました。

八戸市の魅力を幅広い年齢層の方に知って頂くために、

「人的サービス」「おもてなしの心」を学ぶ良い機会です!是非参加しませんか?!

観光施設の方、宿泊業者の方、福祉施設の方など多くの方のご参加をお待ちしております。
参加希望の方は八戸観光コンベンション協会までお電話下さい!

八戸観光コンベンション協会 電話番号:0178-41-1661

<詳細情報>

日程 12月3日(火)

時間 13:30~15:00(第1部)(受付13:00~)
    15:15~16:45(第2部)

定員 100名

場所 八食センター2階 厨ホール

第1部演題:「高齢者・障がい者にとっての旅とは」
講   師:NPO法人 高齢者・障がい者の旅をサポートする会
久保田 牧子 氏
第2部演題:「また行きたいなぁ、八戸へ」
講   師:NPO法人 高齢者・障がい者の旅をサポートする会
滝口 仲秋 氏

市奉行が喰らう! 階上町よりウニを込めて

2013 年 7 月 29 日

……

立った立った、

が立った!

箸が立ったのよ〜。

調査員H

それはまるで、
廿一平の芝生がアルプスの大草原に見えてしまうかのような感動的な光景だった。

「階上町の元祖いちご煮に箸は立つのか?」

その真偽を確かめるために、階上町『いちご煮まつり』を訪れた我々、八戸観光コンベンション協会・八戸広域観光推進協議会業務担当観光資源調査員一行は、
階上町いちご煮まつり

間近に聳え立つ小舟渡灯台に引けをとらない程に堂々と、階上町小舟渡海岸廿一平の空を突き上げるように「立った箸」に感嘆していた。

階上町・元祖いちご煮(通称:箸が立ついちご煮)

階上町・元祖いちご煮(通称:箸が立ついちご煮)

階上町「元祖いちご煮」は、
「階上町の元祖いちご煮に箸は立つのか?」という
ささやかなの疑念を抱いた我々を嘲笑うかのように「コレでもか!」ってくらいに高密度にウニとアワビが盛られていたのだった。

元祖いちご煮に汁を入れる前の状態。

元祖いちご煮に汁を入れる前の状態。
具だけで器が満たされている!

いまどき贅沢な高級料理となった「いちご煮」のルーツともいえる磯料理の「いちご煮」を再現したという「元祖いちご煮」。
そのプリミティヴな「元祖いちご煮」は、まさに“原始”を思わせる程に豪快で力強く、粗野とも思えるほど無遠慮にウニとアワビが盛り込まれていたのだった。
もはや見た感じ「こりゃ立つは」と、箸を立ててみるまでもなく確信してしまった観光資源調査員一同……。
もちろん言うまでもなく、うまかった。

元祖いちご煮

元祖いちご煮

階上町「いちご煮まつり」では、
50杯限定の「元祖いちご煮」の他、
普通の「いちご煮」はもちろん、ウニ飯、ウニ丼(卵とじ)、生ウニ丼、アワビの丸焼きなどなど、階上町が誇る今が旬の海の幸が盛り沢山!

階上町・うに飯

階上町・うに飯

階上町・うに丼(卵とじ)

階上町・うに丼(卵とじ)

階上町・あわびの丸焼き

階上町・あわびの丸焼き

おそらく、コレらの食べ物画像を見て、抗うことの出来る者などいない。
来年は是非、階上町「いちご煮まつり」にお越しになり、コレらの地元料理を思う存分に味わっていただきたく、お願いいたします。

階上町・いちご煮まつり「海藻ラーメン早食い競争」

階上町・いちご煮まつり「海藻ラーメン早食い競争」階上町・いちご煮まつり

「いちご煮まつり」は毎年7月の最終土曜日・日曜日に開催されます。

階上キッズのウニ

ちなみに、
7/27の階上町「いちご煮まつり」1日目には、
JR駅からハイキング」も開催され、

お昼ご飯は「いちご煮まつり」で楽しんでおられました。

JR駅からハイキング in 階上町

JR駅からハイキング in 階上町

報告は、あなたの市奉行(仮)でした
from 階上町 with LOVE.

市奉行が斬る! 美味い!美しい!ポスター完成!

2013 年 4 月 26 日

今年度も相変わらず朝市をウロつき続けている朝市奉行(仮)です。
今期の館鼻岸壁朝市は、一見いつもと変わらない、いつも通り賑やかな、いつもの朝市のように見えますが、実はその内部構造は大幅にVer._upしており、更なる飛躍へむけた新しいステージに突入しております。
去年までと「チョット」違う今年の館鼻岸壁朝市をマニアックな目線で楽しんでみてはいかがでしょうか?

館鼻岸壁朝市名物ピーマンLIVE!

喫茶ピーマンでは様々なジャンルの生演奏を行い館鼻岸壁朝市の名物のひとつとなっています。八戸市・階上町出身のアコースティック・ユニット「びぃだま」も朝市Liveの常連です。

なんなら、現地(朝市会場)でお声をかけていただければクドいほど詳細にご案内させていただきます。
ちなみに、八戸横丁ガイドをしているときに、同行した観光資源情報調査員Hから「話が長ぇ」と巻きをかけられた苦い経験があります。
なにごともほどほどに。

さてこのたび、
八戸観光コンベンション協会

八戸広域観光推進協議会

青森県三八地域県民局

3団体合同で、
八戸広域8市町村の名物料理や特産品、旨いモンなんかをPRするポスターとパネルを制作しました。
umami

「五戸町の馬肉」「三戸町のひっつみ(すいとん)」「新郷村の飲むヨーグルトプレミアム」「田子牛&ニンニク」「階上早生蕎麦」「南部町のフルーツ」「おいらせ町の黒ホッキ貝」「八戸せんべい汁」と、八戸広域の事をあまり知らない人でも知っている有名料理・食材が贅沢に配置された、見るだけでもオイシイ&美しいポスターです。
「食」から地域を知り、親しみをもってもらえたら…との思いで、こさえました。
食の宝庫として知られる青森県の中でも、八戸広域地区は特にウマいものが集まった「青森県のおいしい部位」である!というコンセプトの元にスーパーハイパーウルトラグレートエグゼクティヴメディアクリエイターエクストラ(自称)が制作し、超超超素敵なデザインに仕上がっております。

あわせて、
八戸広域を構成する
八戸市の蕪島・種差海岸
階上町の階上岳・階上海岸
5月に『三陸復興国立公園』に指定されることをPRするポスター&パネルも制作しました。
3rikuparksanriku_fukko_nationalpark

ただ種差海岸の写真を印刷するだけで高品質なポスターが出来てしまう!という「ありのままの美しさ」が種差海岸の凄さを如実に象徴しています。
しかし、B1(728 × 1030mm)という大きな版で制作していますが、蕪島・種差海岸・階上岳・階上海岸の魅力が収まりきるワケなど到底アリマセン。
三陸復興国立公園指定を切っ掛けに、皆様も是非! 蕪島・種差海岸・階上岳・階上海岸に実際に足をお運びになっていただき、その素晴らしさにふれていただきたく、お願いいたします。
そして更に、この地区を切っ掛けに、順次指定されてゆく予定の三陸復興国立公園を全域ににかけてお楽しみください。

日本の、みんなの、憩いの公園です。

市奉行が斬る! 朝市in東京

2013 年 1 月 23 日

皆様方、
とりわけ関東地区にお住まいの皆様方におかれましては、
時ならぬ大雪に見舞われながらも、
ふるさと祭り東京』にお越しいただき、まことにアリガトウゴザイマシタ。
東京ドーム・ふるさと祭り東京2013

ワタクシども八戸広域観光推進協議会もブースを設け、
各町村様と力を合わせて、
慌ただしくも楽しい怒濤の9日間を過ごしました。

この“祭り”に参加した錚々たる八戸広域メンバーは以下の通りです。
階上町
おいらせブランド推進協議会
おいらせ町・柏崎青果
新郷村ふるさと活性化公社
新郷村・朝市工房 福ふく

また田子町は単独でブースを設け積極的にガンガン物産品を販売し大盛況でした!
やはり「田子にんにく」はブランドとして全国に浸透しているようです。
ふるさと祭り東京・田子町

日本中から様々な名物・物産・人々・伝統芸能・ゆるキャラなどなどが多数集まり、さまざまな“お目当て”を求めて集まった膨大な人数のお客様方々で東京ドームは連日大々賑わい!
東京ドーム・ふるさと祭り東京2013

この身動きとれない位の人混みと
目に痛いほどカラフルになびく幟(のぼり)の数々、
そして、さまざまなオイシイ匂いが入り乱れた空気……。
なんだか、どこかで、なにか、見慣れたような馴染んだような感覚……
ここはなんと、館鼻岸壁朝市に似ているではありませんか!

館鼻岸壁朝市

館鼻岸壁朝市

八戸・湊から遠く離れた大都会・東京で感じる「朝市感」に、
妙に落ち着き、くつろいでしまう朝市奉行(仮称)。

そんな、なにしに来てんだかワカラナイ役立たずな不肖とは対照的に、出店者の方々は猛烈に多忙を極めておりました。
新郷村ふるさと活性化公社 in 東京ドーム『ふるさと祭り東京』2013

新郷村名物「飲むヨーグルト ザ・プレミアム」などは、
飛ぶように売れまくり、最終日の午前中には売り切れてしまった程です!
新郷村 飲むヨーグルト ザ・プレミアム

ほんのチビッとな試飲を通り過ぎざまに何気なしに手にしたお客様が、
口に含んだ瞬間「…おっ!」「うまぁい!」と立ち止まり、
引き返してお買い上げになるという“いつもの反応”が嬉しくもあり誇らしくもありました。
その反応だけでも、新郷村「飲むヨーグルト ザ・プレミアム」のクオリティの高さを察して頂けることでしょう。
お見かけの際には是非ともお求めください。
なんなら館鼻岸壁朝市でも、買えます。
新郷村 飲むヨーグルト in 館鼻岸壁朝市

不肖としては
新郷村からの、もう一組の出展者も気になっていました。
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく

…気になって仕方がありません。
新郷村 朝市工房 福ふく in 東京ドーム「ふるさと祭り東京」2013

朝市工房 福ふくさんは、布ぞうりを製造・販売する工房です。
シック&カラフルなモダン和テイストの趣味の良い布ぞうりは、
ハンドメイドでしっかりと編み込まれていますのでとても丈夫です。
洗濯だってできますから、長持ちして足に馴染んできて愛着がどんどん湧いてきます。
ちなみに、この編み方はイサバのカッチャの標準装備品「しょいカゴ」のショルダーストラップ部(連雀といいます)と同じ編み方なのです。
そう考えると丈夫さはお墨付きですね。
新郷村「朝市工房 福ふく」の布ぞうり

室内履きとしてスリッパの替わりにご使用いただけば、
夏はサラッと爽快で、冬は足の裏を冷やすこともありません。
裸足感覚で足の指先まで気持ち良い開放感です。

裸足感覚でありながら、
エフェクターの機械式スイッチの踏み込みだって違和感アリマセン!
MXR Dyna_Comp with 布ぞうり

なにかといろいろ個々のニーズにあった使い方が出来て、
なにより足裏が気持ち良い、朝市工房の布ぞうり。
様々なサイズやカラーを用意している他、
ご自分の足に合わせてオーダーメイドで作ってくれるとか。
ネットでもご注文を受け付けています。
是非、お問い合わせください。

また新郷村が誇る名湯「伝説の鷲ノ湯 新郷温泉館」では、
この布ぞうりの「制作体験」も出来ます。
新郷温泉館 布ぞうり作り体験

どんなふうに編み込むのか…
一度自分でやってみれば、
布ぞうりの丈夫さや柔らかさや温かさをもっと身近に感じられ
オンリーワンな愛用品としての布ぞうりへの愛着も深くなることでしょう。
新郷温泉館 布ぞうり作り体験
新郷村にお越しの際は、お試し下さい。

それではみなさん
早起きした朝に
陸奥湊駅前朝市でお逢いしましょう!

南部継毬

市奉行が斬る! 健脚商売 〜陸奥湊・小中野の巻〜

2012 年 6 月 29 日

こんにちは。
プロフィール画像が某有名大型ネズミッキに似ていなくもなくて、わりかし愛くるしいと一部で話題沸騰中の朝市奉行(仮称)です♥
こないだ満を持して初参加した南部町の「駅からハイキングに続き、味をしめて今度は期間設定の『みなとまち八戸~懐かしき昭和を感じながらぶらり旅~』に参加してまいりました。

勝手知らずゆえの楽しい観光気分満点だった南部町とはうって変わって、今度は地元・陸奥湊〜小中野方面!
己の“庭”とも言えなくもないご当地で、いかに新たな「発見」をするのかを、この徒歩による“小旅行”のテーマに据えつつ、スタート地点の陸奥湊観光案内所で簡単な参加手続きを済ませ、最初のポイント「八戸市営魚菜小売市場」へ約15歩で辿り着きました。
土曜日という事もあり、陸奥湊・魚菜市場名物「朝市朝飯」を愉しむ方々で大賑わい!
皆さん思い思いに朝市朝飯を美味しく食べる姿を見ていると、減ってもいない腹が急に減ってきたので、急いで次なるポイント:館鼻漁港・漁港ストアを目指します。

ごらんの通り、
周囲になんにもない岸壁にポツリと建つ浜のスーパー・漁港ストア
あの有名な↓「日本最大級規模の館鼻岸壁朝市」が開催されている、←(日曜日朝の様子)
まさにこの同じ場所が
普段はなんにもなくだだっ広い岸壁だということに、
逆にぃ〜
驚きと言い知れぬ感慨を憶えたりなんかしました。

そんなこんなで漁港ストア!
なんと! 駅ハイ参加者には「各種そば・うどん・ラーメンをご注文で八戸産イカのゲソ天サービス!」なのだそうです!

そこで、陸奥湊駅前・魚菜市場名物「朝市朝飯」を横目に我慢して館鼻岸壁まで歩いてきた“目標”でもあるゲソ天のために、かけうどん(本当は断然ソバ派なのだけれど間違えて、うどん食券を買ってしまった)を注文し、サービスのゲソ天をのせてもらいました!

テンション超マックス↑↑

駅ハイ特典ゲソ天ハイテンションうどんを賞味した後は、
館鼻公園に立ち寄り

グレットタワーから周辺の様子を「ぐれっと」(全部・すべて・くまなく・あらいざらいなどの意)見学しました。

そこから、
八戸市の景観重要建造物である八戸酒造の外観を愛でつつ小中野方面に向かいます。

ちなみに、
なんと! あの安藤自転車店の入口扉がリフォームされちゃいましたぁ!…

…という判りずらい超ローカル・マニアック・ネタを経由しつつ、
旧旭会館を見学しながら

最終目的地のチェックポイント「新むつ旅館」に到着。

「登録有形文化財」で「まちの景観賞」の外観はもとより、

内部は

めくるめく、いにしえの遊郭「新陸奥楼」の面影が未だに色濃く残されていて……

……この凄味を書き出したら本が軽く5冊は書き上げられる勢いなので、ここでは割愛いたしますが、ソレはソレはかなりイイ感じなのです。
是非とも訪れてご自分の眼で確認頂きたく、オススメいたします。

新むつ旅館などなど見所満載の『みなとまち八戸~懐かしき昭和を感じながらぶらり旅~
6月30日までやってます。
残りわずかですが、遠方からお越し頂く方々はもちろん地元の方々も是非とも参加してみてはいかがでしょうか?

見慣れた町であっても、新たな視点で巡るとまた新鮮でまったく新しい町に見えてくるようです。

それではみなさん、
また日曜日の朝に
いつもの館鼻岸壁朝市でお逢いしましょう。

まってるよ

市奉行が斬る! 健脚商売 〜南部町の巻〜

2012 年 6 月 15 日

こんにちは。
アイツは八戸広域観光推進協議会を名乗っているのに館鼻岸壁朝市でしか見かけたことがない。おまけに存在自体がインチキくさい」と怪訝がられている朝市奉行(仮称)です。
そこで今回は、F.B.I並の広域活動を展開する「八戸広域観光チーム」の一員として先日(6/9)南部町で開催された「JR東日本:駅からハイキング」に参加した模様をお伝えいたします!
駅からハイキング」とは、駅を起点にした日帰りハイキング&ウォーキング・イベントです。詳しくは公式ホームページを御覧下さい

不肖(私)も、しっかり会員登録をして参加しました。

南部町での駅からハイキングは青い森鉄道三戸駅」(実は三戸駅は南部町にあるのです)からのスタートとなり、

集まった参加者は受付を済ませ和やか&賑やかにハイキングに備えます。

そしていよいよ参加者が揃いスタート時間を向かえると、駅から線路伝いに目的地に向かって歩き始めました。

歩を進めるにつれて徐々に町〜農地に景色が変わってゆき

いつのまにか木々が茂る中へ……

そして嬉々として森林へと足を踏み入れる一行。

まず第一の目的地は
荒沢不動明王堂

ここには「石の重さで願いの可否が占える“お地蔵様”」が安置されているというではありませんか!

参加した多くの方々は順番に定められた“手順”に従ってご自分の「願い」を占っておいででした。

皆さんひとしきり占った後は、
次の目的地、青森県天然記念物なうえにパワースポットとしても注目を集める
天狗杉

なんでも長慶天皇が御来山の時に大和の国(奈良県)から持ってきた種子が育ってこんなにも立派な杉の樹になったのだとか……。

樹頂付近で幹が帯状になった処に天狗が座っていたとかいないとかいう伝説から天狗杉と名付けられたようです。

ぷち入山して、いろいろとパワーチャージした後は、
長谷ぼたん園
それはそれは見事な牡丹の花を観賞…
…と思いましたところ…
…残念ながら一足違いでピークは過ぎて、
ほぼ8分散り。
それでも気丈に咲いているわずかな牡丹の花々や

園内に植えられた数多の牡丹樹の見事なレイアウトは、長谷ぼたん園のポテンシャルの高さを如実に表していました!
来年、必ず、来ます!

小休止&昼食を挟みつつ、一行は南部町営地方卸売市場を経由し、

一路スタートtoゴールの三戸駅へと向かったのでありました。
(Blogの都合上いろいろ端折っていますがホントはもっと盛りだくさんでした)

終了後、
参加した皆様と満足感を乗せ、登り下りに別れて各々の町へと走り去る青い森鉄道。
そして皆様を見送るスタッフ一同。
たった1日のトレッキング・ツアーですが、参加者ソレゾレにソレゾレの想いを残し、〆の駅のホームにはまたソレゾレの“ドラマ”があります。

「町」を観て・歩いて・ふれあう、駅からハイキング。
最寄りで開催の折りには、参加してみてはいかがでしょう?
きっとココロとカラダが“元気”になることでしょう。

不肖は、相も変わらず日曜の朝には館鼻岸壁を“朝からハイキング”しています。
それではみなさん、
次の日曜日の朝
館鼻岸壁朝市でお逢いしましょう!

まってるよ
駄文長文御免!

あさぐる初体験

2010 年 3 月 3 日

情報調査員Tです。

 

港町・八戸の活気あふれる「朝市」

そして

人情あふれる地元の銭湯での「朝風呂」

八戸オリジナルの“朝文化”を体験できる
一挙両得な乗合タクシーツアー「八戸あさぐる

通常は、八戸市内の提携ホテル宿泊者対象ですが
さらなるディープな朝を体験できる新メニュー開発のために
2月限定のモニタープランを企画して

ジモティのみなさんもお試しいただきました☆

私も「朝素材満喫コース」を体験してきました!

それでは体験レポートをダイジェストで!!

まずは魚市場!

第二魚市場のセリの現場に潜入。

冬と言えば、鱈!

床一面のタラちゃん!

なぜかマグロ(気仙沼産)も横たわってました。

こういうレトロなフォントとか

シャビィな道具類とか

そそられる~

そしてお次は、朝御飯!
陸奥湊の魚菜市場で
各自思い思いの朝御飯をカスタムしました。

筋子だって、ちょっびっとだけ売ってくれるお店もあります。

この日は「タラのアラ汁」200円也~

沖野商店の煮卵もON!

 

そして最後に、朝酒!
朝っぱらから、酒蔵見学と洒落込みました。

純米吟醸の酒粕の甘酒!

いや~満喫満足でした。

 

「民宿で女将の朝ごはん」コースでは

女将さんお手製の塩辛や海の幸の炊き込みご飯
海藻のお味噌汁などなど、スペシャルな朝ごはん

お天気の日は朝日も楽しめたようですよ~