遠征メモ

 category

 

市奉行が斬る! 朝市in東京

2013 年 1 月 23 日

皆様方、
とりわけ関東地区にお住まいの皆様方におかれましては、
時ならぬ大雪に見舞われながらも、
ふるさと祭り東京』にお越しいただき、まことにアリガトウゴザイマシタ。
東京ドーム・ふるさと祭り東京2013

ワタクシども八戸広域観光推進協議会もブースを設け、
各町村様と力を合わせて、
慌ただしくも楽しい怒濤の9日間を過ごしました。

この“祭り”に参加した錚々たる八戸広域メンバーは以下の通りです。
階上町
おいらせブランド推進協議会
おいらせ町・柏崎青果
新郷村ふるさと活性化公社
新郷村・朝市工房 福ふく

また田子町は単独でブースを設け積極的にガンガン物産品を販売し大盛況でした!
やはり「田子にんにく」はブランドとして全国に浸透しているようです。
ふるさと祭り東京・田子町

日本中から様々な名物・物産・人々・伝統芸能・ゆるキャラなどなどが多数集まり、さまざまな“お目当て”を求めて集まった膨大な人数のお客様方々で東京ドームは連日大々賑わい!
東京ドーム・ふるさと祭り東京2013

この身動きとれない位の人混みと
目に痛いほどカラフルになびく幟(のぼり)の数々、
そして、さまざまなオイシイ匂いが入り乱れた空気……。
なんだか、どこかで、なにか、見慣れたような馴染んだような感覚……
ここはなんと、館鼻岸壁朝市に似ているではありませんか!

館鼻岸壁朝市

館鼻岸壁朝市

八戸・湊から遠く離れた大都会・東京で感じる「朝市感」に、
妙に落ち着き、くつろいでしまう朝市奉行(仮称)。

そんな、なにしに来てんだかワカラナイ役立たずな不肖とは対照的に、出店者の方々は猛烈に多忙を極めておりました。
新郷村ふるさと活性化公社 in 東京ドーム『ふるさと祭り東京』2013

新郷村名物「飲むヨーグルト ザ・プレミアム」などは、
飛ぶように売れまくり、最終日の午前中には売り切れてしまった程です!
新郷村 飲むヨーグルト ザ・プレミアム

ほんのチビッとな試飲を通り過ぎざまに何気なしに手にしたお客様が、
口に含んだ瞬間「…おっ!」「うまぁい!」と立ち止まり、
引き返してお買い上げになるという“いつもの反応”が嬉しくもあり誇らしくもありました。
その反応だけでも、新郷村「飲むヨーグルト ザ・プレミアム」のクオリティの高さを察して頂けることでしょう。
お見かけの際には是非ともお求めください。
なんなら館鼻岸壁朝市でも、買えます。
新郷村 飲むヨーグルト in 館鼻岸壁朝市

不肖としては
新郷村からの、もう一組の出展者も気になっていました。
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく
朝市工房 福ふく

…気になって仕方がありません。
新郷村 朝市工房 福ふく in 東京ドーム「ふるさと祭り東京」2013

朝市工房 福ふくさんは、布ぞうりを製造・販売する工房です。
シック&カラフルなモダン和テイストの趣味の良い布ぞうりは、
ハンドメイドでしっかりと編み込まれていますのでとても丈夫です。
洗濯だってできますから、長持ちして足に馴染んできて愛着がどんどん湧いてきます。
ちなみに、この編み方はイサバのカッチャの標準装備品「しょいカゴ」のショルダーストラップ部(連雀といいます)と同じ編み方なのです。
そう考えると丈夫さはお墨付きですね。
新郷村「朝市工房 福ふく」の布ぞうり

室内履きとしてスリッパの替わりにご使用いただけば、
夏はサラッと爽快で、冬は足の裏を冷やすこともありません。
裸足感覚で足の指先まで気持ち良い開放感です。

裸足感覚でありながら、
エフェクターの機械式スイッチの踏み込みだって違和感アリマセン!
MXR Dyna_Comp with 布ぞうり

なにかといろいろ個々のニーズにあった使い方が出来て、
なにより足裏が気持ち良い、朝市工房の布ぞうり。
様々なサイズやカラーを用意している他、
ご自分の足に合わせてオーダーメイドで作ってくれるとか。
ネットでもご注文を受け付けています。
是非、お問い合わせください。

また新郷村が誇る名湯「伝説の鷲ノ湯 新郷温泉館」では、
この布ぞうりの「制作体験」も出来ます。
新郷温泉館 布ぞうり作り体験

どんなふうに編み込むのか…
一度自分でやってみれば、
布ぞうりの丈夫さや柔らかさや温かさをもっと身近に感じられ
オンリーワンな愛用品としての布ぞうりへの愛着も深くなることでしょう。
新郷温泉館 布ぞうり作り体験
新郷村にお越しの際は、お試し下さい。

それではみなさん
早起きした朝に
陸奥湊駅前朝市でお逢いしましょう!

南部継毬

フラ旅<秋だ・・>

2010 年 9 月 24 日

先週末 仙台に行ってきました。
この日は、
「定禅寺ストリートジャズフェステバル」が開催されていました!
ジャズとは言っても いろんな国の音楽が 
仙台のポケットパーク的空間から聞こえていました。
思わず 足を止めて聞いてしまった!
街に音楽があふれていた感じです。

友達と別れ、何か急に
何か静かな空間がほしくなり
ホテルの方に
”近くに ホッとできる喫茶店ありませんか”と聞いて
紹介されたのが
東六番町小学校前にある骨董品洋菓子店みたいな
[パティスリーミティーク]
ほのかな甘さ漂よう店内
小ケースには、きらきらした子たちが@@
その中に・・・秋の色をまっとた地味な子が!
しかも近所の農家さんが育てた栗を使用とのこと^^
何かワクワク
SN3F0349

歯ごたえに大地の力を感じるマロングラッセ
甘さ控えめのマロンクリームに栗が
いつもなら~この辺りで甘さにノックアウトされるのだが
タルト生地と言い 食べやすかったです。
今回は、ほんわか~と時間が過ぎてしまった!勉強しないと!

SN3F0351      SN3F0352
完食した後、窓から見える仙台の空
SN3F0350
秋だね~食欲の・・・・^m^/