「八戸いちご」が旬!

Written by AREA 8-8 on 2014 年 3 月 28 日

 

春の日差しが暖かく、大雪の残雪もだいぶ解けましたね。

こんにちは。観光資源調査員Dです。

今回は春に旬を迎える

「八戸いちご」

をご紹介します。今がまさに旬の八戸いちご。食卓のデザートに是非いかがでしょうか!

 

八戸市からおいらせ町にまたがる太平洋沿岸の浜市川地区は、
ハウス利用の転作にいち早く取り組み、県内一のいちご栽培地区と
なっております!

浜市川地区では、「麗紅」という品種のいちごを栽培しています。

「麗紅」は1976年に千葉県で誕生しました。
大粒のきれいな紡錘型で、鮮やかな濃赤色が特徴です。
コクのある甘みと程良い酸味、ジューシーな果肉が絶妙です。

観光資源調査員のYさん曰く、
色の鮮やかさを活かして、ジャムに使われたり、形の美しさと見た目から、

ショートケーキの上に使われたりすることも多いようです。

※イメージ画像

 

13959796841261395979705392

 

 

 

 

 

 

(画像提供:観光資源調査員M)

Mさん提供のいちごの画像。ピカピカのイチゴ、美味しそうです
(画像はサンプル品です)

残念ながら、豊富な果汁と崩れやすい果肉は輸送には不向きなのです。
かわいそうな麗紅・・。
甘さ重視の新品種が増える中、大量輸送・長距離輸送が不可欠な
市場流通では評価が下がり、全国の生産量はずいぶんと減ってしまいました。
「麗紅」を一定量生産できるのは、八戸市・おいらせ町だけなのかもしれませんね・・。

大粒が多い4月はまさに食べごろなのです。
全国的に大変貴重な「麗紅」。お高いんでしょ~・・・?

お任せ下さい!!
地元のスーパーや八食センター、直売所では安く手に入ります!300円程で購入できます。

「八戸いちご」を是非食卓にいかがでしょうか!

 

レビューがあればお願いします!