菌急会議!

Written by inve_t on 2010 年 7 月 15 日
情報調査員Tです。
新郷村の「むらづくりを語る会」に出席しました。
シイタケ系ゆるキャラ

シイタケ系 ゆるキャラも登場。愛称募集中♪

テーマは 「きのこの里日本一になるには 長寿日本一になるには」

 

目指すは日本一といっても、生産量ナンバー1ではなく

量より質☆

といっても、味や食感などで差別化するのは難儀です。

 

原木椎茸は確かにおいしい。

 

食べてもらえば分かるけれど

でも毎回試食販売をしてそのおいしさを伝えるのは不可能なので

やはり、目に留まり、手にとりたくなるような、

興味をそそるキャッチーなしかけが販促には必要です。

 

“きのこづくり”ではなく“きのこの里づくり”であることがポイント! 

村をあげてシイタケ感を創出しなくてはなりません。

 

その一環(?)として、製造されたオリジナルグッズも展示されていました。

 

生育不良あるいは収穫されずに長期間残っていると

椎茸はホダ木についたまま乾燥してしまいます。

 

この商品価値のない乾燥椎茸を活用して

お馴染み(?)のストラップやマグネットのほか

新商品の「椎茸ネクタイピン」を初お披露目!

シイタケのネクタイピン

椎茸を贅沢に使用したネクタイピン

「七宝焼?」と見紛うほどにツヤツヤ☆

でもよくよく見ると原木椎茸…

インパクト特大です。

 

このネクタイピン、

新郷村役場職員のみなさんが全員さりげなく身に着ける。

そんな日が来るかもしれません!

 

でも流石に毎日だと大変だとお察しします。

なので事始めとして、例えば

毎週金曜日を「菌曜日」と呼び

役場の職員は、椎茸ネクタイピンを身につけて菌務する。

なんていかがでしょう?

 

それから、試しにこのネクタイピンを

隣りに座っていた女性の髪に飾ってみると

髪飾りとしても

なんだかいい感じ~

 

しかもこの椎茸、よく見るとハートの形!

椎茸栽培をしている方の話によると

こういうハート型のしいたけがたまに出現するとか。

 

いわゆる規格外で、出荷には向きませんが、

この形はものすごいアドバンテージです。

 

恋愛成就とか婚活をテーマに

「ハートのシイタケ探しツアー」とか企画してみようかな。

上級者向けに「ハートのナメコ狩り」もできればベスト!

 

食についても、前のブログでも紹介したように

椎茸系ファストフードや椎茸ウィンナーなど

続々と椎級グルメが商品化されています。

原木シイタケ入りウィンナー

 

ところでこの会合の席で

「雷がキノコの成長を促進する」と小耳にはさみました。

 

どうやら、落雷でキノコが増えるという説には、

すくなくとも2000年近い歴史があるらしく、日本各地の学術機関でも、

自然の雷の代りに人工の雷を使ったキノコ栽培の研究がなされているというから驚きです。

 

植菌したほだ木に高電圧をかけてショックを与えると

1本当たりの平均収穫量が最大で約2・2倍になったとか。

そのメカニズムは解明されていないそうですが

よく、音楽を聴かせると農作物がよく育つといいますもんね。

 

じゃあ、モーツアルトなどのクラシック音楽を流すとか

いや、もっと刺激の強いヘビメタライブでもやれば

それはそれはニョキニョキ伸びるのではないか!?

などの憶測が飛び交いました。

 

 整然と無数のホダ木並べられている

シイタケのホダ木

 

ひっそりとした林の中

原木シイタケの圃場1

こんな場所でやったら、まさしくシイ(椎)クレットライブ!

シイタケの成長も促進されるなら一挙両得です。

c4

もう一つのテーマは「長寿日本一」。
長寿の秘訣は笑うこと、とはよく言われること。

 

お客さんが、思わず笑っちゃう→買っちゃう

村の人々も、思わず笑っちゃう→長生きしちゃう

 

このベクトルでブランディングを進めて

新郷らしく、面白く、そして高く

売ることができたらいいです!

2 つのレビューがあります。 ↓

  1. 観光資源情報調査員Tサマ
    まずは文句なしの記事投稿に感謝!
    さすが、新郷村観光協会会長よりお褒めの言葉をいただくほどのことがあるですに~。
    菌曜日の菌務服については早急に対処していただかなくてはならない。
    役場関係者に椎急連絡を取り、椎かるべき対応を取るよう打診しましょう。
    新郷村の「キノコの里」づくり、今後もご椎援くださいますよう。。。

  2. www.tb988.com より:

    生活若剥去了理想

レビューがあればお願いします!